スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カプリちゃんとリリちゃん

リリちゃん、事故から約一か月経たない位で、
尾羽が元の長さに戻りました。
ほっと一安心です。
それまで、やっぱり飛びにくいようだったのですが、
ある程度生えた時から、一気に飛べるようになって、
尾羽の大事さを痛感しました…

R20170226.png

カプリちゃんとリリちゃん、お隣同志ですが、
普段は間に壁を作っているので、姿は見ません。
ですが、それぞれの放鳥タイムで姿を見ています。

カプリちゃんを放鳥すると、絶対リリちゃんのケージには近づかず、
リリちゃんが居なかったときと変わらない行動をしています。

一方、リリちゃんは、カプリちゃんのケージの周りをうろうろ。
カプリちゃんに興味があるのかというと、そういうわけではなく、
ケージの周りに落ちているごはんの欠片を食べに行っているのです。
あとは、ケージ自体が気になっている様子。

s0170222.png

自分のケージに近づかれているカプリちゃんは、
放鳥時は知らんぷりなのに、ケージがあると安心なのか?!
発情のついでに?!リリちゃんに吐き戻しをプレゼントしようと、
必死にしています。
でも、リリちゃんは落ちているごはんに必死なので、相手にされてませんが…

コザクラさんは嚙む力が強いから、
セキセイさんとは一緒には放鳥しない方がいいと聞いたので、
一緒に放鳥はしてませんが、
今のところ、私たち家族は、リリちゃんから噛まれて痛いことはあっても、
血が出たことはありません。
まだ赤ちゃんだから、噛む力が弱いだけ??と思ってましたが、
止まり木が気づけばボロボロ…
加減してくれてただけみたいです。

R20170224.png

もちろん、どちらかが傷つかないように、注意は払わないといけませんが、
鳥さん同士の関係を見るのも、楽しいこの頃です♪

あ、そうそう、最近、カプリちゃんのおしゃべりの影響を受けてか?!
リリちゃんが、
『リーリーチャン!リーリーチャン!!』
と叫ぶようになりました。けっこう濁声ですが。
スポンサーサイト

バードライフアドバイザー 2級

去年の秋に、3級を取得したバードライフアドバイザーの2級にも
挑戦してきました。

認定NPO法人のTSUBASAさんが開催する、
鳥(フィンチ、インコ、オウム)に関することを学べる資格です。

3級は、講義+試験で1日ですが、
2級は、講義が2日で、2日目の終わりに試験です。

小鳥の病院バードハウスの院長先生夫妻が講義をしてくださったり、
行動学の講義を、石綿先生にしていただいたり、
野鳥についてや、自然と文化、動物保護の話を木村先生にして頂いたり、
TSUBASAの松本さんの講義もあったり、
2日間、みっちり鳥さんについて勉強させていただきました。

学生時代は、だいぶん昔の事なので(*_*;
長時間勉強する…ということで疲れてはしまいましたが、
内容的には本当に素晴らしく興味深いものばかりで、
もっともっとお話を聞きたい!勉強したい!!と思いました!

今回も、認定証をいただくことができました。
ですが、今後、更新が必要になるそうです。
3年間は有効ですが、その後は更新しないと失効になります。
でも、その更新はお金で…というのではなく、
TSUBASAさんが開催されるスキルアップセミナーを受講することで、
ポイントを何点か頂け、更新までに20ポイント貯めたら無料で更新、
仕事などで受講が難しい人でも、5ポイント以上だと不足分をお金で
支払えば、更新可能だそうです。

認定をいただくだけでなく、またまた勉強の機会があると思うと、
うれしいです。

今回、リリの事故を起こしてしまったとき、
バードライフアドバイザー2級での勉強が役立ちました。

2日間の勉強だけでは、まだまだ分からないことも多いですが、
こんなに多方面から鳥さんの講義を聞ける機会なんて日常に無いので、
本当に良かったです。
スキルアップの講座も受講して、より深めていきたいです。

bla 2


リリちゃん生後2か月 カプリちゃん翡翠ちゃん1歳2か月

リリちゃん、尾羽生えてきました。
まだ、途中ですが、色が見えてきました。
R20170131.png
ほっと、一安心です。
体重も49グラム前後を維持しています。


カプリちゃんは、リリちゃんと隣合わせに暮らしていますが、
真ん中に壁を作っているので、放鳥時以外は、姿は見えません。
でも、時々動きがシンクロしてたりして面白いです。
カプリちゃんは、最近吐き戻したりしていて、心配です。
男の子の場合、どのくらいで発情過多になるのでしょうか…
ごはんは、ペレットNGのカプリちゃんでしたが、
ずっとシードと混ぜて入れ続けたら、食べれるようになってました。
でも、ペレット100%だと食べませんが。でも一歩成長です。

20170127.png


翡翠ちゃん、発情もなく(糞が大きくなったりしていない)
マイペースな感じです。
前は、すっごい破壊姫でしたが、体重管理をするようになったら、
それがなくなりました。やっぱり肥満は良くなかったですね。
翡翠ちゃんは、女の子ですが、ちょっと荒いところがあります。
ご飯は、ペレット9割、シード1割ですが、やっぱりシード大好きで、
シードを探すときに、くちばしでシードを探るとき、
ザッザッと激しくくちばしを動かすので、エサ入れからこぼれまくり…
カプリちゃんの方が、よっぽどお上品に食べています。
性格でしょうかね。

h20170118.png

ともあれ、3羽とも元気なのが何よりですね。

事故を起こしてしまいました (リリちゃん)

まずは、こちらの写真をご覧ください。

R20170125.png

生後一か月半の子です。おかしいところにお気づきでしょうか。

L20170101.png
R20170115.png

こう見てもらえると、分かりやすいかもしれません。

リリちゃん、生後46日。一人餌にもなり、順調な成長をしていました。
その日も、いつものようにケージから出し、体重を測定し、
放鳥の時間でした。 いつも、ながら放鳥はしておらず、
かならず誰かが見ているようにしています。
私と家族で見ていたのですが、私がふと用事を思い出し、
一分ぐらいで終わる用事だったため、家族にリリちゃんを見るようお願いし、
隣の部屋へ行きました。
用事を急いで済ませていると、リリちゃんのいつもと違う鳴き声が二回。

振り返ると、リリちゃんが私の肩へ向かって飛んできました。
肩に止まり、毛づくろいのような感じのことをしていたら、
羽がパラパラと…????? まだ換羽じゃないはず…
よく見ると、尾羽が全部抜け落ちていました。
病気?PBFD?? 心配になってよく観察すると、
くちばしに血がついている。 慌てて尾羽が生えていたあたりの皮膚を
見てみると、そこから血が。
半パニックになりながら、家族に何が起こったのか聞く。

ある家族の肩にリリちゃんは乗っていた。
その家族がつまづいて、しりもちをついた。
リリちゃんはその拍子に肩から落ちたが、
つまづいた家族は、リリちゃんを踏みつけた感覚はなかった。

リリちゃん自身は、ちょっと元気がない。
普段は、私以外の家族の手の中でゆっくりするとか無いのに、
撫でられるまま、動こうとしない。
でも、飛べているし、脚もおかしくはなっていない。

とりあえず、動物病院を調べると、緊急でメール相談をしてくださる
病院を見つけて、メールで状況を説明。
返信が来て、突然羽が大量に抜けるのは、ウイルス疾患の可能性あり。
でも、緊急性は無いので、明日に受診したら大丈夫だろう、
とのことでした。
(日曜日の夜に起きた事件でした)

ひとまず、保温だ!と思い、プラケースに保温電球を設置、
そこで一晩寝てもらうことにしました。
(もちろん、その前に傷口を押さえ、止血しています)
ずっと見ていましたが、ご飯も水もいつも通り食べ、
止まり木にも止まれていました。
(ちなみに翌朝も体重は減っておらず、ちゃんと食べれているようでした)

かかりつけの病院は月曜日のその日だけ、お医者様不在で休み、
遠いけど小鳥の専門である病院も月曜日が休診日…どうしよう…
と思っていると、小鳥専門病院ではないものの、小鳥専門医が居るという
病院を見つけることができ、月曜に(車を出せる家族に仕事を休んでもらい)
そこで見てもらいました。

抜けた羽も持参していたのですが、羽軸の状態から、
ウイルス疾患で抜けた羽ではないと思うとのこと。
(ウイルスなら、羽軸が黒く壊死しているはず)

おそらく、家族が転倒した際、リリちゃんの体には当たっていなかったが、
尾羽の端が家族と床の間に挟まった瞬間があり、そこでブチっと抜けた。
無理やり故意に尾羽を引っ張った訳ではないので、
抜けた状態だけど周りの羽に引っかかった状態で飛んでいき、
(私の肩で)痛くてクチバシで触った瞬間に、落ちたのでは?とのこと。

つまり、病気ではなく怪我だろうとの診断でした。
念のため、血液検査はしますか?と言われ、一応お願いしました。

傷口は、一夜明けてマシになってきていましたが、
くちばしで触って、また出血してはいけないとのことで、
エリザベスカラーをつけてもらいました。
ケージに戻していいと言われたので、戻しましたが、
カラーが邪魔で、飛ぶこともままならず、疲れてしまったようで、
月曜は、ごはん以外は殆どテントで過ごしていました。

R20170117.png


火曜からは、少しカラーにも慣れたようで、ケージ内を飛んだり
していました。水曜には、傷口がきれいになっていたので、
カラーを外しました。(傷口の赤みが取れたら、外していいと言われていた)
いつも通りの、元気そうなリリちゃんになりました。

カラーを計ってみたら2グラム!!それは動けないわけです…
人間だったら50キロの人が、2キロの重しを首に巻かれているのと一緒ですものね…
本当にかわいそうなことをして申し訳ないです。

病院から結果の電話もあり、PBFDもBFDも陰性だったとのこと。
まもなく抜けてしまった尾羽も生え始めるはずだが、
いつまでも生えてこないなどあれば、再受診してくださいとのことでした。

長々になってしまいましたが、
私の不注意で起きた事故でした。
私がちゃんと見ていれば、用事を(すぐ終わるとは言え)していなければ、
リリちゃんの尾羽が家族のどこかに接触することもなかったかもしれない。
本当に申し訳ないことをしました。

今まで、いろんな方の事故の体験談などを読み、
私も気を付けようと思っていましたが、まだまだでした。
今度から、放鳥時は目を少しでも離さない。
つまづくようなものが足元にないか確認し、なるべく立った状態ではなく
座った状態で接する。(転倒防止)
カプリちゃん翡翠ちゃんは、とても動きが素早く、すり抜けることができても、
リリちゃんはコザクラだし、まだ赤ちゃん、同じ感覚では接しない。
など、細心の注意を払って、二度と同じことを繰り返さないようにします。

本当にごめんね。リリちゃん。痛かったね。
羽が生えるまで飛びにくいね。
もう、二度とないようにするからね。ごめんね。

リリちゃん(コザクラインコ) 成長記録その後

昨年末に家族に加わった、コザクラインコのリリの
成長記録の続きです。

R20170104.png


11日目(生後40日) 体重 朝46.5g→夕方44.3g
     朝>夕 だったので夕方挿し餌する。

12日目(生後41日) 体重 朝46.7g→夕方45.6g
     夕方挿し餌する

13日目(生後42日) 体重 朝45.9g→夕方47.2g!!!
     朝<夕なので挿し餌卒業★おめでとう!!!
     ※コザクラの一人餌は40日目前後らしいので、ほぼ標準?!

14日目(生後43日) 体重 朝46.4g→夕方49.6g
     しっかり食べてますね。いい感じです。

その後も体重は朝夕計っていますが、46~48gです。
コザクラインコの標準体重が45~55gですから、範囲内ですね。

放鳥時に毛布の隙間に入り込んで出てこない(落ち着いている)
ことがよくあったので、通常のサイズのケージデビューしたころに、
バードテントを入れたら、さっそく入って、夜もそこで寝てました。
R20170119.png


ケージ(HOEI 35手のり)のエサ入れが、糞切り網を外した状態だと
結構高い位置にあって食べられない感じだったので、
最初は床にエサ入れを用意してましたが、
はしごをつけてみたら、ケージのエサ入れでも食べられるようになりました!

止まり木は、低い位置に一本だけにしてたんですが、
どうも天井の方に上がりたがる感じだったので、
たまたまうちにあった、はしご状のおもちゃが
天井付近~高さの真ん中ぐらいの位置で固定できたので、設置。
低いところにも高いところにも行ける感じにしていたら、
気に入ったようで、よくそこに止まっています。

R20170106.png

こんな順調そうな感じの記録なのですが、
実は、一週間前にリリちゃんに関わる事件が起きてしまって…
反省・懺悔の意味を込めて、次回に書きます。

続きを読む

新しい家族

年末にお迎えした、我が家の新しい家族、








コザクラインコの、リリです。
L20170104.png

11月末生まれ、性別不明、挿し餌3回のヒナちゃんです。
カラーは青系パイドと書かれていました。

なぜにコザクラインコ??と思われそうです。
実は知り合いにコザクラインコ飼いさんがいらしたり、
こちらのブログにもコザクラさんの魅力をたっぷり紹介されているものが
たくさんあり、先々には(数年~5年位後)お迎えしたいとは思っていたのです。
でも、今まではお店で見ても、カワイイな止まりだったのですが、
この子は運命の子だったようです。

お店からお迎え時に、動物病院で診てもらってから
家に連れてきました。
今のところ、異常なし、標準体型とのことでした。

家に着いたのが、夜の挿し餌の時間。
知らない家に連れて来られてすぐ、食べるかしら?
と心配したものの、がっつくがっつく。
心配無用でした。
しっかり保温したプラケースで寝てもらいました。

2日目。生後31日。
     挿し餌は朝昼晩しっかり食べる。床に撒いた餌には興味示さず。
     低い止まり木を置いているが、たまに登ってみるも、
     伸びをしてる途中にボテっと落ちたり、まだ安定せず。
     ほとんど鳴かない。

3日目。生後32日。挿し餌は朝昼晩しっかり食べる。
     床に撒いた餌に少しだけ興味示すも体重に反映するほどではない。
     挿し餌をさっさと食べ終わり、プラケースの周りを散歩する。
     小声でピッとか言う程度で、ほとんど鳴かない。

4日目。生後33日。挿し餌は朝昼晩しっかり食べる。
     水入れで水浴びをしていた。
     撒き餌を少し齧っている。少しは食べているか。          

5日目。生後34日。挿し餌は朝昼晩しっかり食べる。
     止まり木で寝ていた。(今までは長時間は止まり木に居なかった)
     少し鳴くようになってきた。

6日目。生後35日。挿し餌は朝昼晩しっかり食べる。
     昨日よりも撒き餌を多目に食べているよう。
     頻繁に、羽をバタバタさせていた。
     夜の挿し餌のあと、初飛行。
     (テーブルから膝の上に飛び、そこから頭の上まで飛んだ。)

7日目。生後36日。初飛行して、動きも激しくなってきて
     プラケースでは可哀そうになり、
     ケージデビュー(キャリー用の小さめのケージ)させる。
     保温は止める。
     一人餌トレーニング開始。
     朝の体重を計り、朝昼の挿し餌を抜く。撒き餌多めに撒く。
     (teryさんが一人餌移行の記事を書いてくださっていたのでそれを参考に)
     朝の計量後、あれ?ごはんは?という感じにしばらく鳴いていた。
     朝49.2g、夜48.3g 糞の分減っているはずだから少しは撒き餌を食べている様子。
     だけど朝>夜だった為、夜だけ挿し餌する。でも3回の時の一食分くらいしか食べない。

8日目。生後37日。
     朝48.0g。朝昼の挿し餌を抜く。今日はごはん鳴きはしなかった。
     カプリちゃんが福澤朗氏ばりにマシンガントークを繰り広げているのに合わせて、
     必死でピィピィ言っていた。動きが激しくなってきた。飛ぶのも必死からふわっと飛べるように。
     夜44.6g 挿し餌5g食べる。挿し餌にペレットをまぶしたら食べていた。

9日目。生後38日。
     朝46.7g。動きがますます活発に。出してくれーと鳴いたり態度でアピール。
     夜の体重45.8g。 一グラム減っているので挿し餌。5g弱食べる。
     高い棚の上までも飛べるようになった。   

  :  10~11日目 9日目と同じ感じの体重。食べ具合も同じ。 


12日目。生後41日。
      通常サイズのケージデビュー。(止まり木は低いところに一本)
      夜のお保温も止める。(ケージの中のテントで寝ていた)

てな感じです。記録用に。 ペレット食べるの上手になってきているので、
挿し餌卒業も間もなくだと思います。

カプリちゃんの時は、すでにお店で飛んでおり、挿し餌も数日で終わってしまったけど、
今回は、挿し餌をがっつく姿に感動!! 初飛行に感動!!
小さい子を育てるのも、おもしろいですね。
カプヒスが、とってもたくましく見えます。これからも、それぞれの個性を楽しみながら
お世話していきたいです!!

あけましておめでとうございます!

あけまして おめでとうございます!

昨年は つたない初心者ブログを見てくださり
ありがとうございました
今年も 少しずつですが 更新していきたいと思いますので
よろしくお願いします

年は明けましたが、カプリちゃん翡翠ちゃんには、
特に変わったことがあるわけでもなく、
いたって普通に生活しております。

カプリちゃんは、ブッダナッツがお気に入り。
中に粟穂を少し入れているので、それを食べたり、
食べ終わると、ブッダナッツの内側の繊維?!を
カジカジして楽しんでいるようです。
20161223.png


翡翠ちゃんは、発情抑制サプリメントのおかげか?
ろう膜は茶色く枯れたようになっていますが、
大きな糞をすることもなく、卵を産むこともなく、
何とか抑制できているようです。
H20161223.png


年末、止まり木などを買いたくて、ペットショップに行きました。
ついでに、生体さんのコーナーものぞいてみたのですが、
あるケースに目が留まりました。
たくさんケースが並んでいたのに、なぜそのケースに目が行ったのか、
それは、蚊が入っていたからなのです。
アクリルのケースは、前面と天井面に、空気穴が開いており、
どうやらそこから蚊が侵入し、出られなくなったようでした。
インコさんは、ただその蚊を目で追うという…
たまたま、そのとき店員さんが通りかかったので、
蚊のことをお知らせして、出してもらいました。

ほっと一安心。他のケージも覗いたりして、
(翡翠ちゃんと同じ色のヒナもいて、その子はニギコロできるそう。)
ヒナちゃん独特の可愛さがあるよね~なんて言いながら
止まり木を買って帰ったのですが。

家に帰っても、どうもあの蚊のケースの子が気になる。
でも、うちにはカプリちゃんも翡翠ちゃんも居るしなぁ…
これ以上お世話をするのは難しいよなぁ…
なんて考えていたのですが。

数日後、また見に行っていたら、まだ売れていない。
店員さんが朝の挿し餌をする時間だったらしく、
挿し餌のあとで「触ってみませんか?」と声をかけてもらい…
ついつい手に乗せてしまいました。
生後一か月くらいの挿し餌3回のヒナちゃん。
足の力がとっても強く(握力?!)、手に乗せられても、
すっかり落ち着いている。色がとっても美しい。
しばらく触らせてもらって、連れて帰りたいと思ったものの、
やっぱりお世話できる自信もなく、保留にしてもらいました。
(3日間なら商談中でキープさせてもらえるとのことだったので。
その後、やっぱりやめておきますでもOKだとのこと)

これが生き物でなければ、即決したでしょうが、
十何年も一緒に生きる家族を迎えるかどうか。衝動買いは出来ず。
他のお店も回っては見たものの、そんなに気になる子がいるわけでもなく。
胃が痛くなるまで悩んで、結局お迎えしてしまいました。
新しい家族のことは、長くなったので、次回書きたいと思います。

Happy Birthday!! カプリちゃん翡翠ちゃん1歳に♪

カプリちゃん、翡翠ちゃんが、1歳になりました!

去年の今頃、インコちゃん探しにお店を巡り、
ずーっと探して、この子!!と思って連れて帰ったカプリちゃん。

鳥好き初心者で、ちょっとしたことにも、大丈夫??
朝起きたら倒れてたりしないよね。。。。と心配になりながら、
過ごしていた日々からもうすぐ一年になるなんて、本当に早いものです。

カプリちゃんは、名前を呼ぶと飛んできてくれるようになって、
他の家族より、私を選んで飛んできます。
(接している時間が一番長いからでしょうね)
見た目も随分変わりました。

9.png
00673.png



翡翠ちゃんは、カプリちゃんと同じアクリルケースに入れられていて、
ケースを開けると、私を選んで?!というか遊んで遊んで!!といった
感じで寄ってきてくれた子。
レインボーをお迎えしたかったので、カプリちゃんを選びましたが、
ずっと気になってお店に通っていて、
でもお迎えされず、一か月後にお店の管理が悪くなったのをきっかけに、
お迎えしました。
最初は警戒鳴きがすごくて、大丈夫かな。。。と心配してましたが、
今は家族全員に慣れていて、(たまに噛むけど)
一人が遊んであげていても、他の家族の声が聞こえると、
呼び鳴き。全員が揃わないと納得しない?!お姫様になりました。

5.png
00554.png

お誕生日プレゼントは、ロープパーチにしました。
今までは、手入れが難しいかな?と思って使ってなかったのですが、
ケージにセットしてみると、
二人とも喜んで乗ってくれました。
翡翠ちゃんは、ほとんどの時間ロープにいるんじゃ…って程、
見るたび見るたびにロープの上です。
買ってよかったです!


セキセイインコさん初心者としての一年経っての感想。

家族としてお迎えして良かったです!!
命を預かるのだから、安易に考えてはダメだけど、
飼育本読んだり、講習受けたりして、
ちゃんと鳥さんの事を勉強して、一生懸命お世話すれば、
できないことはない!
鳥さんは、愛情を込めてお世話をすれば、
それを分かってくれて、慕ってくれる。
本当に、毎日癒してもらっています。

まだたった一年ですが、本当にいい一年でした。
これからいろいろ問題も出てくるかもしれませんが、
不必要に心配しすぎず、鳥さんとの生活を楽しみたいです(o^∇^o)ノ



バードライフアドバイザー3級

先日、名古屋への用事に行っておりましたが、
それは、タイトルの通り、
バードライフアドバイザー3級の講座および認定試験の受験
に行っておりました。

少し前に、大阪でもあったようなのですが、
気づいたときには満席。。。次を待つと遅くなるし、
早く鳥さんたちのことを勉強したくて。

バードライフアドバイザーは、
認定NPO法人 TSUBASA さんが開いている、
鳥と私たち、社会が幸せでいられるための
考え方を教えてくださり、
最後の認定試験で一定以上の点数を取ることができたら、
認定証を頂けます。

先日のトリエンナーレでも、鳥たちを救ってくださった、
TSUBASAさん。
そんな鳥たちのことを第一に考えられている方々に、
いろいろ教えていただけるなんて、なんて素敵な機会なのでしょう!!
と思って参加しましたが、本当に身になる一日でした。

鳥さんたちの医食重(医療・食餌・重要なこと、異変)の基本から、
消化器官のお話、問題行動の理由、鳥の履歴書の必要性など
飼育本には載ってないようなことも、直接お話を聞くことができ、
勉強になりました。

無事、認定証も届きました。

81fIINlhoxeYiVo1480118730_1480118742.jpg

カプリちゃん・翡翠ちゃんもまもなく1歳になります。
まだ私の愛鳥歴は1年です。
でも、1年だから何も知らなくていいということはあるはずもなく、
できることは何でも勉強していきたいと思っています。

掛川花鳥園

先日、名古屋に行く用事があり、せっかく行くのに用事だけなのも
勿体ない気がして、いろいろ調べていたら、
静岡県の掛川花鳥園が、名古屋から新幹線こだまで1時間で行けると分かり、
ついつい行ってきてしまいました!

掛川駅から、徒歩10分程度のところにある、
神戸どうぶつ王国と同系列の施設です。
どうぶつ王国は、どうぶつと言うだけあって、
カピバラ、アルパカ、カメ、犬、猫、カンガルー、らくだ、馬など
色々な動物がいますが、
掛川花鳥園は、花鳥園なので、さまざまな鳥ばかりです!

入場料は、大人1,080円。
どうぶつ王国は、コンタクトパロッツという、鳥ふれあいゾーンが
有料300円で再入場不可ですが、
掛川花鳥園は、全体が鳥で、ふれあいも可能で、
別料金は、フクロウさんやペンギンさん等と写真を撮ってもらうとか、
ふれあい用のおやつ代ぐらいです。

睡蓮の池の上を、コガネメキシコインコが大量に飛び回っていたり、
木の枝に、ワカケホンセイインコが隠れて?!いたり。

その奥のゾーンでは、ホオミドリウロコインコに囲まれ、
肩に手に。髪で遊ばれ、ずっと肩にいる状態になったり、
エボシドリも手に乗ってきたり!

オオハシとトキの水辺というゾーンでは、
運が良ければ、オニオオハシさんが手に乗ることもあるそうで。
(私は怖くてできなかった…残念)

他にも、カモやオシドリ、白鳥や黒鳥、アヒルのいる池や
ペンギンの池もあるし、
屋外では、エミューやヘビクイワシ、ハヤブサなども見れます。

ショーは一日3回あり、
一回目は、屋外で、ヘビクイワシが蛇をキックしたり、
ワシミミズク、ハリスホークの飛ぶ姿などが見れます。

二回目と三回目は屋内。
ペンギンやメンフクロウ、ルリコンゴウインコなどが出ていて、
フクロウが地面を歩く?走る?姿や、
ペンギンのハードルジャンプなど
珍しい姿が、近い距離で見られます!!
鳥さんの習性や体の構造などの話もしてくれるので、
色々と勉強になりました!

ショーの後には、フクロウさんやカモさんなどと
写真撮影(手袋をして、腕に乗せてもらえる)もあり、
たぶん人数制限もなさそうで、かなり遅くまでやってくれてました。

いわゆる、ペットとしてよく飼われている鳥は、
(セキセイインコ、コザクラインコ、ボタンインコ、オカメインコ等)
居なかったのですが、 ※いたけど、ケージに入っていて遠くから見るのみ。
ホオミドリウロコインコ、コガネメキシコインコなどは、
かなりフレンドリーで、朝イチに行かなくても、一日中寄ってきてくれる
感じでした!

掛川

ほんと、鳥の楽園です!!!
もうなかなか行くことはできないと思いますが、
本当に行ってよかったし、大満足の一日でした!!!

※写真、一番右の子は、
カタリーナコンゴウインコのはるかちゃんです。
(アカコンゴウインコと、ルリコンゴウインコの子供)
おしゃべりがとっても上手でした!

カプリちゃんおしゃべり動画・翡翠ちゃんダイエット

ちょっと前なのですが、やっと?!カプリちゃんの
おしゃべり動画が撮れました!
いつもカメラを向けると止めてしまうので、
私が用事をしている間に、
ケージの前にカメラをセットして撮りっぱなしにしてて
30分位回して、やっと…です!

ぼくはカプリちゃん、ひすいちゃん、ワハハ…

などよく聞くと聞こえるかなと。。。

[広告] VPS



それから、先日の病院で、ご飯を量るように言われてから、
しっかり量っているのですが、
カプリちゃん、翡翠ちゃんとも、ご飯が待ちきれないようで、
新しく入れたら、すぐ食べだすようになりました。
これが本来のあるべき姿なのでしょうか。

20161021.png


翡翠ちゃんのダイエットですが、
こちらもご飯を計量するようにして、
半量ほどをオーチャードグラスにして、
シードを少し減らして、ペレットを混ぜたりしていたら、
39gまで減りました!
最初は47gですから、8g減りました。
そこからは、なかなか減らないのですが。。。。
ペレットを食べるようにだんだんなってきているので、
ほぼペレット食にしていけたらなぁと思っています。
(カプリちゃんは、ペレットはダメなんです。。
いろんな種類試すのですが、絶対に食べてくれません。。。)

発情ですが、とりあえず、しゃちほこはしなくなりました。
ろう膜は、通院時と変わらない位で止まっています。
発情抑制サプリが効いているのでしょうか。
もうしばらく様子見します。

H20161021.png


BIRD SITTERS 大阪説明会

とりきち横丁のとりきちさんが発起人の、
鳥の預かりボランティア組織、
BIRD SITTERS(バードシッターズ)
の大阪の説明会に参加してきました。

会場では、とりきちさん自らが、ドイツからお越しくださって、
目の前で説明をしてくださいました。

犬や猫などの、預かりボランティア団体はあるけれど、
鳥の預かり組織は無いこと。
飼い主が、病気などでお世話ができなくなった、
災害で避難所暮らしになった場合、鳥も連れて行けるのか…
飼い主が、健康で災害などもなく、問題なく暮らせればいいのですが、
予期せぬこともあるかもしれません。

とりきちさんは、とりきち横丁でのお仕事や子育て等もある中、
徹夜で準備してくださったり、何してるんだろう?と思いながらも、
やはり、日本にも鳥預かり組織が必要だと思い直して、
力を尽くしてくださっています。

その真剣な姿を目の前にして、
私も、飼育歴が浅いから…なんて言ってられないな。
私にもできることがあるのかもしれない!!
と思うようになりました。

今は、会員の本登録の受付中で、
試験運用が開始されているところだそうです。
来年一月に、公式HPがメンバー間で公開され、
来年五月には、本格運用開始されるそうです。

預けるだけ・預かるだけでも大丈夫だそうです。
(預けるだけの場合は、組織運営のために寄付してもらえると助かるとのことです)

小型インコのみ預かります、など自分で設定もできるし、
預け主・シッターとの相談・打ち合わせの上で行われるので、
いきなり預からされるなんてことはないので大丈夫そうです。

興味を持たれた方は、ぜひ資料請求されてみてはいかがでしょうか。
(パンフレットがあります)

当日、会場で寄付金付きのグッズが販売されていたので、購入しました。
 ◆エコバッグ(1,000円。とりきち横丁さんでも購入できます)
 ◆幸せの青い鳥(600円で500円が寄付になるそうです)。
青い鳥は、作家さんの手作りだそうで、とっても丁寧に作られています。
私も才能が有れば、何か作品を寄付したいところですが…申し訳ないです。
購入のほうで、寄付させていただきたいと思います。

20161009 (2)



10か月!! 念願の!!

気づけば、カプヒス10か月になってました!
そして、ずーっと念願だった、動物病院で、健康診断を
受けさせることができました!!

健康診断の重要性は、以前から知っていたので、
ぜひお迎え検診からしたいと思っていたのですが、
近くに小鳥を見れる病院が無く、季節は冬。
徒歩15分×2と電車3本の移動をさせる自信もなく、
車が使える日と私の仕事の休みも合わず…
そうこうしていたら、最近、近所に動物病院ができ、
しかも小鳥専門ではないけれど、小鳥にも詳しいお医者さんとのこと。

やっと連れていくことができました!!
まずは、カプリちゃん。
体重32gですが、肉付き的には全く問題なく標準体型とのこと。
メガバクなどの良くない菌も見当たらず、健康とのことでした!

20161007.png


次は、翡翠ちゃん。
体重47g。太りすぎですが、それよりも発情過多が問題とのこと。
女の子は発情したら、ろう膜が茶色っぽくはなるが、
なりすぎているとのこと。発情過多で、まだ投薬治療まではいかないが、
このままもっと茶色くなっていくようなら、投薬が必要。
今は様子見とのことでした。

発情抑制のために、日照時間を減らす、構いすぎない。
あたたかくしすぎない。
など言われました。
体重は、ご飯をしっかり計量することと、
(ご飯の量は体重の10分の一。4g程度)
あとは発情が原因で太りやすくもなるので、発情抑制がうまくいけば、
体重も減ってくるかもとのことでした。

発情したら、ろう膜が茶色くなるとは飼育本にも書いてあったし、
異常とは思っていませんでした。。。
以前、卵を産んでしまってから、構いすぎないように、
カロリーの高いご飯・おやつを控えたりしていたのですが、
まだまだだったようです。。。
今は、ご飯の計量をもっとしっかり、
それから、とりきち横丁さんの発情抑制サプリを
水に混ぜて様子を見ています。
茶色さは、今のところ変わらず、濃くはなってはいないようです。

H20161007.png

翡翠ちゃんも、メガバク等は大丈夫でした!

これからは、車がないときでも、タクシーなどで連れて行けそうです。
定期的に、診てもらおうと思います!!

ボクは…ボクは…(カプリちゃん)、ツンツン(翡翠ちゃん)

もうすぐ9カ月になる(たぶん本当は10か月?!)カプリちゃん&翡翠ちゃん。

長く放鳥しているとか、(短い時間では朝晩していますが)
遊びまくっているわけでもないので、ベタ慣れとはいきませんが、
一応、手乗り?!ではあるかなと思います。
ケージを開けて飛び回ると、すぐに手や肩に戻ってきます。
一日、ほとんどインコさんに構っているくらいでないと、
手乗りにはならないんじゃないか?と心配していましたが、
そこまでじゃなくても、朝晩、決まった時間に放鳥して接していると
(ものすごく忙しい日は5分とかでも、必ず実行しています)
インコさんは、安心していい相手と思ってくれてるのかな?と思います。

カプリちゃん、昨日、必死で?おしゃべりの練習をしていました。
「ボクは…ボクは…ボクは…」
『ボクは、カプリちゃん!』というのを教えていたのですが、
どうやら、ボクは、の後にカプリちゃんと言うのは難しいようで、
「ボクは…ボクは…ボクは…ボクはひすいちゃん!」
と言っていましたzzz
でも、おしゃべりは楽しいようで、色々聞いたような台詞を、
延々と30分位しゃべっています。
20160828.png


翡翠ちゃんは、換羽が終わりつつあり、ツンツンです。
頭がツンツンになったのは、初めてなので、初ツンツン?!です。
こんなにツンツンしてたら、カキカキしてほしいだろうなぁと思って
しようとしますが、前までは「掻いて~」とすり寄ってきていたのに、
なぜか、今は逃げてしまいます。。。
そういう時期なのでしょうかね。。。。
H20160828.png


翡翠ちゃんの水浴び・水浴びしない?!カプリちゃん

連日、熱いですね。
スマホの待ち受けに、天気予報が出るのですが、
晴れとか雨ではなく、『猛暑時々雨』とか出ていて、
余計に暑いわ!!っと言いたくなってしまいます((+_+))

こんなに暑いのだから、鳥さんたちも水浴びしたいだろうと思って、
頻繁に水浴び容器(ただのお皿ですが)をセットするのですが、
カプリちゃんは、最近水浴びはしません。
容器のフチに誘導してみても、ほんの一瞬だけ。。。
蛇口派に変わったのか?と思って、蛇口からほっそり水を出しても、
あまり近づきません。。。。
以前は、水浴びばかりしていたのに、どうしたのでしょうか。

翡翠ちゃんは、水浴びがやっぱり大好きで、
これでもか!!って位、容器の中に浸かりまくるのですが、
そのあと、まるで後悔したかのように?!
羽を必要以上にブルブルして、濡れたのが嫌だったかのように、
必死で毛づくろいをしまくります。
そして、その日は二度と入りません。。。。
水浴びは好きだけど、濡れた羽は嫌なのでしょうかね。。。

H20160816.png

毛づくろい中のセクシーショット?!
H201608162.png




カプリちゃんは、水浴びより、おしゃべりがやっぱり好きなようです。
ラタンボールやブランコ相手に、ブツブツ言っています。
最近、 たまにですが、家族の笑い声を真似してます。
『はっはっはっはっはっはっ…』
いきなり言うので、ちょっとビックリします。

201608162.png


移動ふれあい動物園

近くのショッピングセンターに、移動ふれあい動物園が来ました。
ポスターには、クマの赤ちゃんやサルの赤ちゃんなどが載っていて、
家族が行きたいというので、付き添いのつもりで行ってきました。

いざ中に入ってみると、いきなり入り口に大量のヒヨコ!
40羽ぐらい居たでしょうか?
その横には、セキセイ・コザクラ・ボタン・キンカチョウのヒナ、
オカメインコのヒナ、マメルリハの中雛、三日月インコ~と
鳥さんたちのオンパレードでした!!
(他にもハムスターやカメレオン、蛇などもいたのですが)

もう家族そっちのけ?!で、鳥さんたちとふれあいまくりました!
ヒナさんたちは、ふれあいNGだったので、見るだけだったのですが、
セキセイ・コザクラ・ボタンインコちゃんたちは、
同じスペースにごちゃまぜに居て、なかなかレアな感じでした。
みんな、ふやかした粟玉を口に入れてもらったり、お皿に入ったのを食べたり、
必死で食べたかと思ったらグーグー寝ちゃって。
ほんとヒナはかわいいですね。
大体4週位の子たちだそうで、でも、そう思うと、カプリちゃんは、
お迎えしたとき3週と言われてましたが、もっと全然羽が生え揃っていて、
やっぱり6週以上は経っていたようです。
じゃあ、もう9か月になってるんでしょうか??

中雛以上の子は、ふれあいOKだったので、
マメルリハちゃんと、ふれあいしました。
セキセイをちょっと大きく丸くした感じで、鳴き声はおとなしめで
かわいく、よく慣れている感じで、手にも肩にも乗ってくれました。
まだ、カプヒスを飼っていないときだったら、迷わずマメルリハちゃんを
お迎えしてたかもってくらい、かわいかったです。

三日月インコちゃんは、もうちょっと大きな子らしいのですが、
この子も、中型ですが、おとなしくて、人なれしていて、
本当に飼いたい位です。
家族は、すっかり気に入ってしまって、
いくらぐらいで買えるのかなぁ?なんて言っていました。

気づいたら、3時間以上過ごしていました!
今までに、触れ合ったことがなかった、マメルリハちゃん、三日月インコちゃんに
どっぷり触れ合えて、大満足です!!

fc1doGBGy8yq4iK1470964953_1470965156.png

もちろん、帰りには、ペットショップに寄って、
カプヒスに、お土産買って帰りました!

もうすぐ8か月!

毎日暑いですね(-_-;)
でも、インコちゃんたちは、元気いっぱいです。

発情ですが、あれから…

カプリちゃんは、エサ入れの位置を変えたり、
ケージ内レイアウトを変えたりしてたのですが、
お尻スリスリが止まなくて…
ブランコの鈴がお気に入りでツンツンしてるのは知ってたのですが、
相当お気に入りだったので、外すとかわいそうかなぁ~と
ずっと様子を見ていたのですが、
先日、ケージの大掃除をした際に、
思い切って、鈴のない別のブランコに変えてみました。

今まで、そんなに主張する感じはなかったカプリちゃんが、
チュー!チュー!!
とお怒りの不満の声をしばらく上げていました。。。。
でも、数日したら、慣れたようで、平常に戻りました。
スリスリも、私が見ている限りでは、してないようです。

おしゃべりは、相変わらず『カプリちゃん』メインですが、
大好きみたいで、よくおしゃべりしています。
7月20日位から、また換羽が始まったようで、
ちょっとツンツンになってきています。

20160805.png


翡翠ちゃんは、あれから計4つの卵を産み、
2個までは産みっぱなしでしたが、
3個目から温めるようになり、
今現在も温めています…
ふつう、18日程度で、孵らないと諦めると聞いたのですが、
それ以上経ってますが。。。
卵は、4つ本物を温めていたのですが、
何日かで一つが破損しかけていたので、
偽卵に取り換えたので、今は偽卵を温めている状態です。
無理やり撤去も考えたのですが、
最近は、温める時間も短くなってきてる感じなので、
自然な感じで行こうかと思います。

それから破壊姫っぷりは健在で、
最近、新しく入れたおもちゃが、数日で悲惨な状態に…
カプリちゃんは、そんなに固いおもちゃは壊さないんですけどね。
H201608052.png

H20160805.png


ちょっと前に、所用で家を3日空けました。
(カプヒスのお世話は、家族にお願いしていました)
翡翠ちゃんは、すっかり私を忘れて?!
めちゃめちゃ噛みつかれました(*_*)
でも、帰ってきた翌日には思い出したようです。

カプリちゃんは、特に気にして無いようでした。
居ても居なくても一緒か??
でも、その方が安心して出かけられるかなぁ?
(そんなにしょっちゅうは、家は空けませんが…)


こっこれは! (翡翠ちゃん)

7月1日、朝、いつものようにケージを覆っていた布を開けて、
餌を交換しようとエサ入れを引き出すと、
何か白いものが入っていました。
よくエサ入れにエサ以外の物が入っているのはよくあることなので、
(翡翠ちゃんが、カトルボーンの欠片やら、葉っぱやらなんでも入れるので)
何を今度は入れてるの??と思っていたら、
なんと、卵でした…びっくりです。

発情っぽい行動をしてたので、可能性はあったわけですが、
飼い主非常に動揺しております。
当の本人は、しんどそうとか全くなく、全然元気で、飛び回ったりしてるんですが。

いろいろ調べてみると48時間周期でまた産むかもとのことで、
3日の朝見てみたのですが、ありませんでしいた。
そして夜、餌を交換しようとケージに近づくと、翡翠ちゃんがエサ入れの中。
まさに今産卵の真っ最中でした!
ちょうど卵が出てくるところが見れてしまったという…。
産んだ後は、暑かったようで、仁王立ちでワキワキしていましたが、
その後ケージを開けると、バタバタとまたすごい勢いで飛んで行ってしまいました。
人間の出産とは違うのでしょうかね。
若いからなのか、まったく疲れてなさそうでした~

H20160703.png
H201607032.png

本当は、1歳未満の子に産卵させないほうが良いそうですね…。
翡翠ちゃんに負担をかけてしまって、本当に反省です。
構いすぎないなど工夫してたつもりでしたが、まだまだのようです。
もっと勉強していこうと思います。。。

カプリちゃん・翡翠ちゃん 6か月 発情?!

二人とも生後6ケ月を過ぎました!
今回も、ケージ全洗い、消毒、天日干ししました。
少しは慣れてきて、手際よくできるようになってきました。

カプリちゃんは、相変わらず「カプリちゃん」を連呼しています。
いろいろな言葉を繰り返し教えたりもしているのですが、
どうも覚えてくれなくて、カプリちゃんという言葉を、いろいろなトーンで
言うのが楽しいらしいのです。
「カプリちゃ~ん、カプリちゃんちゃん、かぷりぃ~」
高い声で言ったかと思うと、超低音で言ってみたり…

それからここ2週間ぐらいで2度目の換羽?!がありました。
前回よりは少ないですが、尾っぽの羽根も1枚抜けたりしました。

あとは、発情?!です。
止まり木にお尻をスリスリしたりしてます…
(吐き戻しはしてないようなんですけど)
あんまり良くないとのことで、粟穂や豆苗を控えたり、
ケージ内のレイアウトを変えたりして抑制を試みてはいますが、
イマイチ効果は…

放鳥中は、やはり飛び回ってじっとしてません。
写真を撮りたいのに、うちのカメラがあまり性能が良くないこともあり、
ブレた写真ばかりです…

20160623.png



翡翠ちゃんは、2回目の換羽はありませんでした。
破壊王(姫?)っぷりはますます加速、
2つ目のかじり木コーンを数日で齧り尽し、
おもちゃ、かじり木…殆どのものが齧られてます。

発情は、どうやらしているようで、
朝、体重計に乗ると必ず、シャチホコになります…
黒目も小さくなってます…
フンも、ここ1か月くらい、やたら大きいです。
こちらも、同じように抑制を試みているのですが、変わりません…

sJbCUX7UNTGyYMR1466740265_1466740309.png

カプリちゃんを飼い始めて半年、翡翠ちゃんは5ケ月。
お互いすっかり慣れてきました。
カプリちゃんも翡翠ちゃんも、自分が行っていい場所を理解しているようで、
放鳥時も、それぞれの部屋からはあまり出ません。
今のところ、二人が顔を合わせたことは無いです。
会話はしてますけど…
(カプリちゃんは翡翠ちゃんの鳴きまねしたりします)
発情のこともあるし、このままでいいかなぁ~なんて思っているのですが、
本人たちは、どう思っているのでしょうか…

カプリちゃん・翡翠ちゃん 5か月を過ぎました。

カプリちゃん、翡翠ちゃん、5ヶ月を過ぎました。
本当に本当に早いものです!

最近の変化としては…
カプリちゃんは、ほっぺのポッチがうっすら左右に出てきました。
20160518.png

それから、ショップでクリップされていた羽が抜けて、新しく伸びてきたようで、
今まで必死で羽ばたいても水平にしか飛べなかったのが、
上方向にも飛べるようになりました!
飛べることが楽しくてしょうがないらしく、ケージから出すと、
不必要なほど?!飛び回っています。
おしゃべりは、相変わらず、「カプリちゃん」メインです。
「カプリちゃ~ん」
「カプリちゃんちゃんちゃん」
「カプリちゃん、はーい」
など、自分の名前ばかり言っています。



翡翠ちゃんは、尾羽が抜けてひよこ状態だったのが伸びてきました。
また、ほっぺのポッチも増えて、ネックレスになってきました。
H20160518.png

翡翠ちゃんは、ショップ時代から人馴れしていましたが、
どうも心を開いてくれていない?感が少しあって心配してたんですが、
ここ数週間くらい、すごく懐いてきてくれています。
潜るのが大好きで、人の手足や太ももなどが、トンネル状になっていたりすると、
すかさず潜っているこの頃です。
[広告] VPS

プロフィール
カプリ
翡翠(ひすい)

カプリまま

Author:カプリまま
カプリ(セキセイインコ)
パステルレインボーライトブルー
2016年1月11日我が家にお迎え

翡翠(セキセイインコ)
オパーリン グリーン
2016年2月16日我が家にお迎え

初めてセキセイインコを飼い始めました!
初心者なので戸惑いながらも
一生懸命お世話している毎日です♪

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。